2019年01月14日

1月15日は「小正月」♪

日本には、二十四節気や五節句などをはじめ、遠い昔から行われてい行事や慣習。
中国から伝わったものが多いですが、日本固有のものもたくさんあります。
中国以外の国から伝わり、宗教の壁を越え、現在ではすっかり日本の行事として定着したものもあります。
いろいろな行事とその食事などには必ず意味があり、それを知ると今よりももっと日々の暮らしが豊かになります。



1月15日は、小正月(こしょうがつ)。
旧暦の1月15日は立春の後の望月(=満月)に当たり、昔はこの日をお正月にしていた。
その名残りで、1月1日を大正月1月15日を小正月という。
小正月は、女正月ともいわれ、松の内の間に忙しかった女性をねぎらう為のお休みの日。

IMG_1381.JPG

小正月には、豊作祈願!
餅花(もちばな)という、紅白のお餅を柳などの木の枝にさして飾り、一年の豊作を祈る行事で、このことから、花正月ともいわれる。
餅花ではなく、繭玉(まゆだま)や米粉を繭玉の形にして、木に挿す地方もある。

左義長(さぎちょう)
どんど焼きとして、親しまれている行事。
小正月に、お正月飾りや書初めをでお正月飾りを焼いたことに由来する。
この火で焼いたお餅などを食べるて無病息災を願った。

IMG_1382.PNG

小正月には、何を食べる?
小正月には小豆粥を食べ、無病息災を祈る。
小豆のように赤い色の食べものは、昔から邪気を祓うと考えられている。


posted by mint-mama at 10:48| 小正月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スーパーファミコン 円安
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。